きれいな歯

武蔵野市でインプラントのメリットやデメリットは?

武蔵野市で歯を失ったときの治療法には部分入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。このうち最も咀嚼力が上がるのがインプラントです。
部分入れ歯やブリッジと違い、インプラントでは人工歯根をあごの骨に結合させています。まるで健康歯と同じように食べ物を咀嚼して飲み込むことができます。
部分入れ歯のように歯茎との間に挟まることも、ブリッジのように支えにした他の歯に負担がかかることも無いです。さらにインプラントはメンテナンス次第では半永久的に持つと言うメリットもあります。
インプラントにかぶせるのがセラミック製の人工歯です。セラミックは健康歯と殆ど区別が付かないほど見た目が美しいです。口を開けて笑顔を見せることに抵抗が無くなると言う精神面でも大きなメリットがあります。その代わりに部分入れ歯やブリッジより治療費が高額になります。歯科医院や地域にもよりますがインプラント1本で30万円から50万円ほどもかかります。本数が多ければさらに負担が大きくなってしまいます。
保険は使えませんので全額自己負担しないといけないです。さらにインプラントは外科的手術を伴うと言うデメリットもあります。
どんなに成功率の高い手術でも100%では無く、インプラントでも失敗のリスクが少ないもののあるのです。技術力の高い歯科医院、歯科用CTによる診断が受けられる武蔵野市の歯科医院など歯科医院の選び方によってそのリスクを軽減させることが可能です。

武蔵野市のインプラントが従来の治療より優れている点

武蔵野市で何らかの理由で歯を失った場合には、何らかの治療を施して失った歯の代わりをさせなければなりません。インプラント治療が普及する前には失った歯の変わりは入れ歯かブリッジという選択肢しかありませんでした。そのままにしておくという選択肢もないではありませんが、失った歯をそのままにしておくと口腔内のトラブルの原因になっていくので、もちろんそのままにしておくことはよくありません。
インプラント治療が従来の治療である入れ歯やブリッジと比べると、失った歯の周りの歯に手を加えなくてもいいということが優れた点として上げられます。入れ歯では前後の歯に金属の補助具を引っ掛けて使用しなければならず、前後に歯に負担をかけてしまいますし、ブリッジの場合には治療する前後の歯を健康な歯であってもかなり削らなければならなくなります。インプラントでは前後の歯に特に負担をかけることがありません。
入れ歯やブリッジでは前後の歯で失った歯の分の荷重がかかることから、条件にもよりますが前後の歯が5年から10年後にはダメになってしまう可能性が高くなります。インプラントでは前後の歯に負担がゼロですから、インプラント後も前後の歯が悪くなることはありません。10年後のことを考えるとインプラント治療が優れていることがわかります。

武蔵野市のインプラント料金にはワケがある

最近武蔵野市でよく見聞きするインプラント治療ですが、金額にかなりの差があると思いませんか?その差はどこにあるかというと、一つは使われる材料の金額に違いがあります。支えとして顎の骨に埋め込む物を『インプラント体』といい、人工の歯根になります。材質はチタンのみの物やチタンとニッケルの合金などがあります。
そして歯の部分になる被せ物(上部構造)の土台として『アバットメント』があります。このインプラント体とアバットメント、上部構造の元々の金額が、各メーカーによって違うのです。クリニックがどこからいくらで仕入れているかは、治療費にも少なからず影響します。
もう一つは、武蔵野市の各クリニックの経費です。インプラント治療は外科手術の範疇ですが、専用個室で行う所もあれば、いつもの診察台でオープンにやっている街の歯医者さんもあったりと、まちまちです。設備投資をしている医院は、当然それが治療費に反映されるはずです。さらにもう一つは人件費です。
手術の際に歯科衛生士と歯科助手を何人使うかによっても違いがあるでしょう。あとは医師自身が自分の技術料としていくら乗せるかです。最近では価格を安く設定するために、自分の技術料はほとんどタダ同然という武蔵野市の医師もいるようです。
肝心なことは、何で高いのか安いのかしっかり質問して、信頼できるか否か見極めることです。逆にいうと、費用について説明をしないような所はやめた方が良いでしょう。

新着情報

2017年02月06日
インプラントのセルフケアを追加しました。
2017年02月06日
インプラントのメリットとデメリットを知ろうを追加しました。
2017年02月06日
インプラントはかなり楽を追加しました。
2017年02月06日
インプラントの価格はどうなのかを追加しました。