きれいな歯

インプラントのメリットとデメリットを知ろう

頬を触る女性

インプラントとは、金属性の棒状の土台を直接あごの骨に埋め込んでその土台に人工の歯をつける治療のことです。人工歯を直接骨に埋め込むので、入れ歯とは違ってズレたりすることがなくしっかりと食物が噛めるようになりますし、入れ歯よりもメンテナンスがずっと楽になります。治療後は本来の歯とほとんど変わらない状態になり、食事が美味しく食べられるようになったりスムースに会話ができるようになったりします。
インプラントにはもちろんデメリットもあります。一番のデメリットはやはり身体的なリスクです。歯茎をメスで切開して骨を削るという外科的な手術を施すわけですから、体への負担は小さくありません。骨の状態によっては危険な手術になったり、そもそもインプラントができなかったりもします。土台が定着したはずなのに後々腫れ上がって再手術になることもまれに起こります。また手術する際には医師の手腕も問われることになります。その次に大きなデメリットになるのは費用の面でしょう。保険の利かない自由診療であるためその費用はかなり高額です。医療機関によってかなり違いがありますが、概ね一本四十万円ほどかかるのが相場のようです。
インプラントはやり直しがききません。事前にメリットとデメリットの両方をよく吟味して、それでもインプラントにする価値があるかどうかを見極めることが重要です。